お子様からお年寄りまで!おいしくみかんを楽しめるみかんジュレ


今、子供から女性やお年寄りまで幅広く喜ばれると大人気の「みかんジュレ」。  

でも、価格帯もバラバラでどれを選んだらいいか悩んでしまう方も多いと思います。

そこで今回は、

・みかんジュレの魅力
・みかんジュレを選ぶ5つのポイント
 
について説明したいと思います。

1.みかんジュレとは

本来、ジュレとはフランス語でゼリーという意味である事から「ジュレ=ゼリー」となります。

ですから、「みかんジュレ」とは、みかんゼリーの事です。

ただ、みかんゼリーと聞くと、多くの方がぷるんとした食感の固形物をイメージすると思いますが、やわらかな食感の飲むタイプの新感覚ゼリーを「みかんジュレ」と呼ぶ事が多いようです。

2.みかんジュレの魅力

2-1.手軽に楽しめる

冷蔵庫で冷やして、または常温でそのまま手軽におやつとして楽しめます。

飲むタイプのものですと、開封後、一度に食べきれなくてもキャップをして分けて食べれるのも魅力の1つです。

また、ほどよい柔らかさのため、お年寄りにも食べやすくおすすめです。入院のお見舞いや老人介護施設などでも使われています。

容器からグラスなどに移すだけで雰囲気がかわり、急な来客などのおもてなしにも便利です。 

 

2-2.アレンジを楽しむ

凍らせて食べれば、シャーベットとしても楽しめるのも、おやつとして人気の理由の1つです。夏の急な来客に重宝します。

アイスクリームやヨーグルト、ジャムなどとあわせて色んな味も楽しめます。

     

3.みかんジュレの選び方!押えておくべき5つのポイント

「みかんジュレ」の価格は、1個100円台~500円台と幅があります。

その違いは大きく分類すると

 ①使用果汁
 ②果汁率
 ③みかんの違い
 ④製造方法
 ⑤凝固剤

などが挙げられます。1つずつみていきましょう。

 

①使用果汁

ジュレに使われる「みかん果汁」には2種類あります。

<ストレート果汁>
みかんを絞ってそのまま容器に詰めたものをいいます。(保管場所や運搬費用が多くかかります)

<濃縮還元果汁>
コストを削減するために開発された製法で一度、濃縮(水分を減らす)して保管。それを使用時に工場で減らした水分を元に戻す方法で果汁(ジュース)を作る方法。

※濃縮加工工程でみかんの風味などが変化してしまうので、美味しいジュースにするため少し濃く還元して糖分や香料をくわえたりしておいしさを調節するものが多い。

果汁100%ジュースなのに、加糖とあるのが「濃縮還元果汁」です。

 

②果汁率

濃縮還元果汁、ストレート果汁どちらかを使用しているのが一般的ですが、「みかんジュレ」といっても、物によって含まれるみかんの果汁率は実はさまざまです。

圧倒的に多いのは、みかん果汁を水で薄めて砂糖などで味をつけた果汁率20%~30%程度のもの。

けれど中には、みかんそのものの風味を大切にするために果汁率を80%以上にまで高めた「本格みかんジュレ」もあります。

 

③使用みかん

果汁の命でもある原材料(みかん)の産地や品質によっても、当然「みかんジュレ」に違いが出てきます。

特定地域の品質を厳選したみかんで作ったものから、不特定の地域から加工用のみかんを集めたものなどさまざまです。

 

④製造方法

ひとつひとつ手作りしている「みかんジュレ」と、工場で大量生産されているものとがあります。

当然、原価が違い、販売価格に差がでます。

また、みかんの風味を生かすために、作業工程が増えてでも低温調理などを行う場合もあります。

 

⑤凝固剤

みかんの果汁をゼリー状に固めるものをゲル化剤といい、大きく2つに分けられます。

・タンパク質系のゼラチン
・糖質(多糖類)系の寒天やカラギーナン、ペクチンなど

固まる条件や固さなどに特徴があるので、ジュレの食感や柔らかさにも違いが出されています。

 

4.おすすめの「みかんジュレ」

ココオショッピングの「いちずみ」
~愛媛県で育てた一途な果実のみを使用した濃厚本格みかんジュレ~

  ストレート果汁100%使用!果汁率80%以上の本格ジュレです。

使用しているみかんは、全て愛媛県産!太陽の恵み・愛媛の自然・職人の愛情が詰まったブランドみかんをたっぷりと使い作りました。

ストレート果汁100%使用で果汁を煮沸させない低温殺菌工法なので、かんきつ本来の風味を楽しめるこだわりの「みかんジュレ」です。

ジュレの品種が選べるのも嬉しい
ジュレの品種は、
「温州みかん」・「伊予柑」・「デコポン」・「清見」・「美生柑」・「清見&はるか」・「せとか」「紅まどんな」など

季節により、様々な品種を選ぶ事ができます。

※みかん・柑橘の種類についてはこちらの記事で説明しています。

※いちずみをお求めの方→こちらをクリック

どこへでも持って行けれる、ちゅうちゅうパック
ちゅうちゅうパックなので、冷やしてそのまま食べるのはもちろん、半解凍のシャリシャリとしたシャーベットのような食感も魅力的です。

夏は、凍らせて、BBQなどのデザートとしてもおすすめです。

便利なキャップ付きなので何回かに分けて食べれるのも人気の理由です。

 

おわりに

「みかんジュレ」とひとことで言ってもそれぞれに特徴や違いがあります。

用途や目的に応じて使い分けたり、是非自分好みのジュレに出会えたらいいですね。

 

Koko'o(ココオ)

実家が、瀬戸内海に浮かぶ、えひめのみかんの島「中島」で代々みかん農家をしています! 愛媛のいいものを少しでも発信できるように日々頑張っている ロマンチストな乙女座です。 みかんダイエットで2か月で約20kgの減量に成功。 (その後2年以上経過リバウンド無し)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です