【3分でわかる】簡単!鮭の味噌漬けの作り方


鮭は、日本人に最も親しまれている魚です。

 

スーパーに鮭が置いてないところは全国を見ても少ないのではないでしょうか??

そこでそれだけ食べる機会の多い鮭をどうやって調理しようか、なんて思うこともしばしばあると思います。

 

そこで今回は、鮭を簡単にご家庭でも人気のある「味噌漬け」に絞って解説していきたいと思います。

 

・鮭に合う味噌

・フライパンで簡単に!失敗しない焼き方

 

についても触れながら、解説していきたいと思います。

 

それでは見てみましょう!

 

1.鮭とは・・・

— 鮭の基本情報 —

和名:鮭

英名:Oncorhynchus keta

分類:サケ目 サケ科 サケ属

 

–分布–

生息域は北太平洋と北極海の一部になります。ここで「え?」と思われる方もいると思います。これだけ日本人に愛されているのに日本周辺じゃないの??って。意外ですよね。そして、実はあまり知られていませんが日本近海の鮭は実は安定した漁業資源確保の為に人工的に採取・放流される孵化場産の鮭が占めているんです。中には自然産卵が維持されている河川もいくつかあります。

 

そして、その鮭の種類がシロザケ。さらに「えっ??」となる方もいると思います。赤いのにシロザケ。

 

実は鮭は赤身と思われがちなんですが実は白身魚なんです。身が赤く見えるのはエビやカニにも含まれるカロテノイド系色素のアスタキサンチンが含まれているためです。見た目ではないんです!!人と一緒で魚も見た目で判断してはいけません!!!(笑)

 

それでは鮭の基礎知識にも触れましたのでここからは本題の鮭の味噌漬けの作り方に触れていきましょう!

 

2.鮭に合う味噌はこれだ!

 

まずは、鮭!と言いたいところですが味噌から!

 

味噌は大きく4つの味噌で分類されております。

 

1)米味噌 (主原料:米と大豆)

2)豆味噌 (主原料:大豆)

3)麦味噌 (主原料:麦と大豆)

4)白味噌 (主原料:米と大豆)

 

日本の味噌分布図

 

1)米味噌・・・・主に北海道から東日本に多い

2)豆味噌・・・・東海地方

3)麦味噌・・・・九州・四国地方に多い

4)白味噌・・・・近畿・中国地方に多い

 

分布図を見ると味噌の原料は各地で作られた米や麦、豆などが主原料になっていることが推測されます。

 

鮭は先ほども解説したとおり白身の魚です。白身の魚は淡白なので日本人の好みとして塩辛いものや甘めのものが良く合います。

 

私は米を主原料とした米味噌&白味噌を推したいと思います。

 

量販店でも米味噌の売場が一番広く種類も多いので比較的選びやすいと思います。

 

ご飯と一緒に・・・白味噌

 

お酒と一緒に・・・辛口味噌      がオススメです。

 

※ここで注意!だし入りの味噌よりもだし入りじゃない味噌を使用しましょう。

 

簡単 国産鮭切身パック 低塩だから味付けできる一塩鮭はこちら

 

3.鮭の美味しい味噌漬けの作り方

 

味噌に漬ける前の一手間が大事!!

 

塩を少々ふって30分程度寝かせましょう。塩をふらいない魚と味噌が一体化しません。塩をふることではじめて魚と味噌が一体化するのです!!

 

味噌にも一手間

 

味噌だけで漬け込もうすると粘土がありなかなか魚に絡まない場合は少々みりんで伸ばしてあげると絡みやすくなります。入れすぎると焦げやすくなりますので分量には注意!

目安として味噌大さじ5杯にみりん大さじ2杯と覚えておくといいでしょう。

 

それでは漬け込んでみましょう!

 

味噌だれの量の目安はだいたい魚重量の2割が目安です。薄めがお好みの方は1.5割位に調整しましょう。

 

例:100gの切身に対して20g~15gの味噌だれ

 

※密閉袋に入れると少量の味噌だれでも漬かりやすくなります。その時のポイントは空気をなるべく抜くこと。

※写真を参考にしてみてください。一切れ一切れをラップで包むと個包装になってもっと便利になりますよ!

漬け込む場合も味噌の米粒が気になる方は一度切身をペーパーで包んでから味噌だれに漬け込むと出来上がりも綺麗に仕上がりやすく粒粒感も残りません。

 

漬け込み時間は冷蔵庫で1~2時間程度が目安です。切身のお腹の脂の多い部分は漬かるまでに若干時間がかかりますし、尻尾の脂の少ない部分は比較的早めに漬かります。

 

それでは鮭の味噌漬けを焼いてみましょう!!

 

ここではフライパン調理をオススメします。私も家で魚を焼くことがあるのですがもっぱらフライパン専門です。グリルをはずして洗うのはなんとも手間で・・・。と、多くの方が思っているのではないかと思います。もちろん私もその一部です(笑)

 

フライパンで焼くと・・・

 

・後片付けが簡単!簡単!簡単!

 

まさにコレ!魚調理を簡単にがテーマなのでフライパンしか見えてません!

 

 

用意するもの

・フライパン

・アルミホイル(魚焼き専用のアルミホイルがオススメ)

 

1:焦げるのが心配な方は切身についた味噌だれをあらかじめペーパーで拭き取ってください。

2:フライパンの上によく揉んだアルミホイルか魚焼き専用のアルミホイルを敷きます。

3:切身は皮面を下にした状態でおきます。

4:弱火で片面を焼き(約7分)、チリチリと音がしてきたところで切身を裏返します。

※味噌だれが焦げやすいので火は強くしないことをおすすめします。

5:同じ色合いになるようにもう片面を焼き上げたら完成です。

 

4.–まとめ—

 

いかがでしたでしょうか??

 

これで鮭料理のレパートリーが1つ増えたと思います。こうやって見てみるとハードルが高いと思われがちな魚料理がけっこう簡単にできるとは思いませんか??

 

私たちのいる新潟県の学校給食では「鮭の味噌漬け焼き」は人気メニューの一つだそうで、いつもうちの子供も完食したとわざわざ報告してきます。

 

小さな子供からお年寄りまで人気の「鮭の味噌漬け」で少しでも魚離れが減ることを願っております。

 

簡単焼くだけ!人気のレシピブログにも掲載されたキングサーモン味噌漬けはこちら

 

 

 

新潟 見田元七商店

明治22年から続く新潟の水産問屋見田元七商店でWEB担当をしている中年男子。中学生からずっと続けているテニスをこよなく愛しています。いつも娘2人とくだらないトークをしてどっちが面白いことを言えるかを毎日競っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です